香港で“マスク禁止法” 抗議活動...また少年撃たれ重傷

カテゴリ:ワールド

デモ参加者のマスク着用が禁じられた香港では、未明にかけて激しい抗議活動が続き、私服警官が実弾を発砲して、14歳の少年が重傷を負った。

私服警官が発砲した直後とみられる映像。

デモ隊に暴行される白いTシャツ姿の男性が、発砲した警官。

火炎ビンを投げつけられて拳銃を落としてしまい、デモ隊に奪われそうになる。

私服警官はその後、再び火炎瓶を投げつけられた。

4日夜、香港郊外で起きた抗議活動で、私服警官が暴行を受けた際、実弾1発を発砲し、14歳の少年の太ももに当たった。

少年は、重傷を負った。

警察は、発砲は合法で適切だったと主張している。

香港では、5日もおよそ20カ所で抗議活動が呼びかけられていて、混乱が広がっている。