全身やけどの20代女性死亡 京アニ死者36人に

カテゴリ:国内

京都のアニメ制作会社の放火殺人事件で、全身にやけどを負い入院していた20代の女性が、4日、死亡した。

この事件の犠牲者は、36人になった。

京都市伏見区の「京都アニメーション」のスタジオで、2019年7月に起きた放火殺人事件で、警察は、20代の女性社員が、敗血症性ショックで4日午後に死亡したと発表した。

女性は、1階にいたところ、事件に巻き込まれ、正面玄関から避難して救助されたが、全身にやけどを負ったため、治療が続けられていた。

この事件の犠牲者はあわせて36人になり、今も5人の女性が入院している。

一方、殺人などの疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は、話すトレーニングを始めるほどまで容体が回復しているが、退院のめどは立っていない。

警察は、医師の判断を待って逮捕する方針。

(関西テレビ)