3分でわかるキーワード 国体で初開催! 「eスポーツ」

カテゴリ:テクノロジー

ニュースのキーワードをコンパクトにひもとく、「3分ではてな」。

3日のテーマは「eスポーツ」。

「eスポーツ」というのは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲーム、テレビゲーム、いわゆるその中でも対戦型のゲームを「eスポーツ」という。

「ゲーミングチェア」というゲームをするための椅子は、マッサージチェアに見えるが、値段は5万円以上する。

プロのeスポーツプレーヤーというのは、この椅子を持ち込んで大会に参加する。

ゲームにここまでお金をかけるのかと思う人もいるかもしれないが、この夏、ニューヨークで開催されたeスポーツの大会では、優勝すると、その賞金は、なんと3億2,600万円!

この賞金を手にしたのは、16歳の少年だった。

このように海外では、高額賞金のeスポーツの大会がたくさんある。

現在の時点で、競技人口が1億3,000万人以上といわれている。

世界のサッカー人口が2億6,500万人といわれているので、その半分ぐらい、eスポーツをやる人がいるというデータ。

そして、ゲーム産業ももちろん成長している。

世界の市場規模は、2017年は約650億円だったが、2019年は約1,100億円。

さらに3年後には、約1,800億円の規模まで拡大すると予想されているので、もう“たかがゲーム”という時代ではないかもしれない。

eスポーツの普及では、実は日本は少し後れをとっているところがあるが、大規模な大会の開催に向けて、いろいろな規制の緩和が進められているところ。

今行われている茨城国体で、5日から「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」が、国体としては初めて開催されるという。

また、2022年の中国・杭州で行われるアジア大会でも、メダル種目として正式認定。

ということは、この先、オリンピックの種目としても、eスポーツが入る可能性もある。

しかし中には、やはりゲームということもあり、スポーツとは少し違和感があるという人もいるのではないかと思う。

確かに現在の時点では、世論調査をすると、eスポーツはスポーツじゃないという人が多いが、「スポーツ」という言葉の意味をひもとくと、実は運動ではない。

意味は、「非日常を楽しむ」。

必ずしも汗をかく、思いっきり走り抜けることではないということ。

ただ、WHO(世界保健機関)によると、「睡眠障害」や「視覚・聴覚への影響」、「筋骨格への影響」など、ゲームによる影響がいろいろとあるということで、健康障害との指摘とどういうふうに折り合わせて、メダルを争う競技に昇華できるかというところが、今後、2~3年の間での課題ということになる。