3分でわかるキーワード 中学受験で出題も「SDGs」

カテゴリ:国内

ニュースのキーワードをコンパクトにひもとく、「3分ではてな」。

27日は、中学受験を考えている小学生必見。

また、大人でも一般教養にさらに磨きをかけたい、そんな人にも使える知識を提供する。

まず、カッコにあてはまる語を答える問題。

「貧困や飢餓、環境問題など、国際社会の抱える課題を克服するため、2015年9月に国連で採択された( )目標。その、これまでの取り組みを検証する初めての首脳級会合が今週、ニューヨークの国連本部で開かれました」

問題とこのあとの解説は、大手進学塾の社会科の先生が作成。

2018年あたりから、この手のジャンルの問題が中学入試でも、よく出題されるようになっている。

答えは、「持続可能な開発」。

「持続可能な開発目標」ということだが、英語で「Sustainable Development Goals」ということで、頭文字と最後の「s」を取って「SDGs」と言われている。

持続可能な開発目標「SDGs」とは、文字通り、持続可能な社会を実現するために、2015年で国連で採択され、2016年から2030年までの中長期的な国際目標でもある。

特徴は、「誰1人取り残さない」ことを目指し、先進国も発展途上国も一丸となって克服すべきとなっている。

どんな目標があるのか。

17の分野があり、例えば、「貧困をなくそう」、「飢餓をゼロに」、「すべての人に健康と福祉を」、あるいは、「人や国の不平等をなくそう」など、いずれも大切な目標ばかりとなっている。

では、日本はどうなのか。

イメージすると、先進国のため、かなりの部分をクリアしているのではと思う人もいると思うが、実は、ある民間の研究所の評価では、達成できているとされているのは、「質の高い教育をみんなに」のみという分析となっている。

では、紹介した「貧困をなくそう」に関して見てみると、厚生労働省の調査では、およそ16%の世帯が日本では貧困層とされている。

着るものも、食べるものも、住むところもないという極度の貧困は多くはないが、先進国の中で貧困率の高い国の1つとされている。

今回、安倍首相も出席した首脳会合では、多くの分野で目標に向けての進展が遅いとの懸念から、行動を加速する必要性を強調する政治宣言が採択された。

もちろん安倍首相は、日本の取り組みを加速させることを約束しているが、21世紀にふさわしい先進国・日本の姿に、どうなるべきか、どう目標に向かっていくべきかは、1人ひとりが考えていかなくてはいけない。