台風17号 現在の様子は? 22日夜に対馬付近通過の見込み

カテゴリ:国内

22日午後、台風17号の暴風域に入ったとみられる、長崎・対馬市の中心部にほど近い厳原港(いづはらこう)。

午前中は、雨・風ともに比較的穏やかだったが、昼過ぎから次第に強まってきた。

対馬市は22日午後、暴風域に入ったとみられ、午後5時半現在は、大粒の雨が地面を激しくたたきつけている。

長崎県の広い範囲が台風の暴風域に入っていて、長崎市野母町(のもまち)で、午後4時前に、最大瞬間風速38.2メートルを観測した。

長崎県内は、10の市と町に避難準備情報が出されていて、1,023人が避難している。

台風は、22日夜に対馬付近を通過する見込みで、暴風や高波、高潮に厳重な警戒が必要となる。

大型の台風17号は、22日午後5時半現在、長崎県や佐賀県を暴風域に巻き込みながら北北東へ進んでいるとみられ、あと数時間で、九州北部に最も接近する見込み。

その後、23日は速度を上げながら、日本海を北上し、温帯低気圧に変わりながら、夕方には北海道に接近するおそれがある。

(テレビ長崎)