千葉・台風17号で被害拡大懸念 引っ越す住民も...

カテゴリ:国内

大規模停電や屋根が損壊したままの家が多数残る千葉県では、台風17号の接近による被害の拡大が懸念されている。

千葉県のマザー牧場は、台風による被害を受け、職員らが3連休初日となる21日からの再開に向けて、準備を進めていた。

従業員は、「お客さまの安全確認第一なので、致し方ない。残念です」と話した。

台風17号を前に、被災地から引っ越しを始める住民もいる。

ゴルフ練習場の鉄柱が倒壊し、住宅を破壊された佐藤さんは、「これから仮住まいの方へ最低限の荷物を運ぶところ。少しでも普通の生活に戻れるように」と話した。

千葉県は、台風17号の影響で、ブルーシートが吹き飛ばされるやや強い風が吹くとみられていて、被害の拡大が懸念されている。