いじめの調査を誤配布 仙台市の中学校

カテゴリ:国内

宮城・仙台市の中学校で、漢字テストの模範解答の裏にいじめの調査結果が書かれたプリントを、教師が誤って生徒に配布していた。

9月6日、仙台市の中学校で、2年生の授業で配布した漢字テストの模範解答の裏に、校内で2018年度に起きたいじめの指導内容や、被害を受けた生徒、いじめをしたとされる生徒、あわせて23人分の名前などの調査結果が書かれていた。

調査結果は適切に廃棄されず、リサイクルボックスに入っていたとみられ、60代の男性教師が有効活用しようと、裏紙として印刷したという。

本来、生徒への配布用紙に裏紙を再利用することは禁止されている。

問題のプリントは1枚だけで、受け取った生徒1人以外に個人情報は漏れていないという。

(仙台放送)