台風17号 沖縄に最接近 3連休 交通機関に影響も

カテゴリ:国内

大型の台風17号の影響で、沖縄は大荒れとなっているが、この3連休は、全国的に荒れた天気になるおそれがある。

21日午前7時現在、台風が最も接近している沖縄県では、渡嘉敷村で最大瞬間風速47.7メートルが観測された。

このあと台風17号は、沖縄の広い範囲を暴風域に巻き込みながら北上し、22日は勢力を維持したまま、九州にかなり接近する。

そして、23日には日本海を進み、北日本に近づく見込み。

21日に沖縄県で予想される最大瞬間風速は、強いところで45メートル、24時間予想雨量は250mmなどとなっている。

また、西日本でも21日から雨が強まり、22日は暴風のおそれもあるほか、台風15号の被害を受けた千葉県などでは、特に23日に風が強まる可能性がある。

この3連休は各地で大荒れとなり、交通機関などにも影響が出るおそれがある。

(沖縄テレビ)