台風17号 3連休を直撃 被災地備え急ピッチで

カテゴリ:国内

台風17号が日本列島に接近中。

遠く離れた千葉県でも、強い風に厳重な警戒が必要となる。

台風15号の影響で、停電や家屋が損傷するなどの被害が相次いだ被災地。

20日は、台風17号の影響に備え、屋根の修復作業が急ピッチで行われていた。

修復作業を行う人は、「ブルーシートは間に合わせだから、当初の雨をしのぐぐらいだから」、「最悪ですね。強い風と強い雨があった場合は、今の仮設のブルーシートによる養生だと、多分ダメだと思う」などと話した。

台風17号は、この3連休、被災地でも風が強まるおそれがあり、さらなる被害が心配される。

20日、緊急会見を行った気象庁は、「ブルーシートが、10メートルを超えるような風になると飛散しやすい。雨が降ったり、風が10メートル以上吹くようなときは、屋根に登ったりするのは危険」としている。

千葉県などでは、台風や前線の影響で、21日から断続的にやや強い風が吹き、雨が降るため、屋根には上がらないよう注意を呼びかけた。

台風17号は21日、沖縄に最も近づき、22日にはさらに発達して、九州北部に最も接近する見込み。

21日午後6時までに予想される24時間雨量は、多いところで、沖縄で200mm、九州南部で150mmなどで、その後、さらに雨量が増えるおそれがあり、警戒が必要となる。

今回の台風17号の進路予想や特徴について、徳田留美気象予報士の解説。

台風は今後も発達しながら北上して、21日は暴風域をともなって、沖縄に最も接近する見込み。

その後も勢力を維持して、22日には九州にかなり接近したあと、23日は日本海を通って北日本に近づく見込み。

今回の台風は大型なので、特に、全国的に風に注意が必要になる。

各地の雨・風の警戒期間。

まず、21日は沖縄で雨風ともにピークで、荒れた天気が続く予想。

西日本も、前線の影響で21日から雨が断続的に強まるが、特に22日は、九州を中心に暴風が吹いて、交通機関が乱れるところもあるとみられる。

北陸、北日本は23日がピークで、日本海側を中心に、特に暴風に警戒が必要になる。

そして、台風15号の影響がいまだ続いていて、台風17号の影響も心配される千葉県。

台風17号は、千葉県からは遠く離れて通る見込みだが、台風に向かって南風が強まるとみられる。

23日の午後を中心に、千葉県では風速10メートル以上。

ブルーシートが飛ばされてしまうくらいの風が予想されているので、十分な注意が必要となる。

(沖縄テレビ)