“UFO映像”はホンモノと米海軍

カテゴリ:ワールド

空中を回転しながら舞ったり、急加速して、赤外線センサー画面から消えていく物体。

この映像は、2004年と2015年にアメリカ海軍の航空機がとらえたもので、UFO(未確認飛行物体)をとらえたものではないかと一部で報じられ、話題となっていた。

アメリカ海軍は、正式に公開された映像について、地元メディアの取材に、偽の映像ではなく、UAP(未確認航空現象)と説明した。

米軍当局が、こうした取材に見解を示すのは異例で、事実上、UFOの存在の可能性を認めた形。