アマゾン コンビニ・駅に宅配ロッカー 商品受け取りで

カテゴリ:ビジネス

アマゾンが、コンビニや駅に宅配ロッカーを設置する。

ネット通販大手のアマゾンジャパンが、18日から始めた新サービス「Amazon Hub ロッカー」。

指定した駅やコンビニのロッカーに行き、メールで届いたバーコードをスキャンすると、ロッカーが開いて、簡単に荷物を受け取ることができる。

商品を注文する際に、配送先を指定すると、駅やコンビニなどに設置された専用ロッカーで、アマゾンの商品を受け取れるようになる。

年内には、首都圏のファミリーマートや小田急電鉄の主要な駅など、およそ100カ所への導入を目指し、2020年以降、全国に順次、広げていく計画。

サービス導入の背景にあるのは、ネット通販の拡大で、人手不足による荷物の再配達の負担が増えている。

アマゾンジャパン ジェフ・ハヤシダ社長は、「お客さまにとって、いかに利便性を上げるかというのが目的なので、そういったところで、再配達の軽減ができればいいなと思う」と話した。

一方で、メリットは宅配業界と同じく、人手不足に直面するコンビニにも。

一部店舗でサービスを導入した、ファミリーマートでは。

東京・港区「ファミリーマート ムスブ田町店」の入り口を入ってすぐのところには、アマゾンの受け取り専用ロッカーが設置されている。

この1年で、アマゾン商品の受け渡しは、3割ほど伸びたというファミリーマート。

店頭では、受け渡しからセルフサービスになることで、人手不足の解消や、商品を受け取りに来た際の“ついで買い”を期待する。

ファミリーマート デジタル戦略部・佐藤玲さんは、「(ロッカー導入で)直接お客さまが、自らの手で荷物を取り出すということが、時間の短縮、店舗スタッフとの対応の時間の短縮にもなるし、荷物を取りに来るときに、一緒にお弁当を買っていただくとか、飲み物を買っていただくということに期待している」と話した。

アマゾンは今回、宅配ロッカーに加え、カフェなどでも荷物が受け取れるサービスをスタート。

ネット通販大手による商品の受け取り地点の拡大は、物流の負担軽減につながるのだろうか。