「恋と就活」「AI面接」も登場 これからサラリーマン川柳

カテゴリ:国内

「似ているな どちらも難し 恋、就活」。

第一生命保険が発表した、2020年春に就職予定の学生が詠んだ、「これからサラリーマン川柳」の優秀作品。

サラリーマン川柳といえば、社会人の悲哀をユーモアたっぷりに詠むことでおなじみだが、今回発表されたのは、社会人間近の学生版。

「AI(人工知能)と 面接するが かみ合わず」。

この句では、テクノロジーの進歩に苦戦する就活生の姿が垣間見える。

そのほか、「ためなくちゃ 定年までに 2000万」という句も。

詠んだ学生は、込めた思いを「就職活動が終わってホッと一息ついていた時に、たまたまニュースでこの話題を見た。無駄使いをせずに、コツコツと堅実に生きていきたいなと思います」と話した。