【速報】母親に懲役8年の判決 目黒女児虐待死

カテゴリ:国内

東京・目黒区で、船戸結愛ちゃん(当時5)が虐待され死亡した事件で、東京地裁は、母親に懲役8年の実刑判決を言い渡した。

結愛ちゃんの母親・船戸優里被告(27)は、夫の雄大被告(34)とともに保護責任者遺棄致死の罪に問われ、起訴内容を認めている。

弁護側は、「夫の心理的支配下にあった」と主張したが、検察側は、「唯一の味方の母親にも助けてもらえなかった絶望感は、察するに余りある」と指摘、懲役11年を求刑していた。

裁判では、結愛ちゃんが亡くなる直前に書いた「もうおねがい ゆるしてゆるしてください」との文章が読み上げられ、虐待の実態が明らかにされた。

17日の判決で、東京地裁は、「結愛ちゃんが感じた苦しみや悲しみ、絶望感は、察するにあまりある」と指摘して、懲役8年を言い渡した。

最後に裁判長は、「結愛ちゃんは戻ってこないから、こうなったことをしっかり考えてやり直してください」と告げた。

優里被告は、表情を変えず、うなずきながら聞いていた。

10月1日からは、雄大被告の裁判が始まる。