【速報】進次郎大臣 起用の狙いは? 内閣改造 安倍首相が会見

カテゴリ:国内

今回の内閣改造について、安倍首相が会見を行った。

安倍首相

「まず冒頭、先日の台風15号により被害を受けた皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

千葉県を中心に、現在も多くのご家庭で停電が発生しており、これにともない、断水が続く地域もあります。

自衛隊の派遣も行い、昼夜を問わず復旧作業を進めています。

他の電力会社にも協力を要請し、作業態勢を1万1,000人規模に拡大することで、一刻も早いライフラインの復旧に全力を挙げてまいります。

同時に、熱中症対策でクーラーが使えるよう、医療・福祉施設だけでなく、避難所や公民館への電源車の配置も進めています。

22の市と町に、政府職員をすでに派遣しており、自治体と緊密に連携しながら、現場主義で住民の皆さんへのきめ細かな支援を行う考えです。

本日、内閣を改造いたしました。

令和の時代が幕を開けて初めてとなる今回の改造は、新しい時代の国づくりを力強く進めていく、そのための布陣を整えました。

来週は、日本で初めてのラグビーワールドカップが始まります。

年が明ければ、東京オリンピック・パラリンピック。

日本全体が未来への躍動感で満ちあふれる今こそ、新しい国づくりに挑戦すべき時です。

安倍内閣は、7年目を迎えたこれからも挑戦あるのみ。

常にチャレンジャーの気持ちで、あらゆる政策分野において、これまでの発想にとらわれない大胆な改革に挑戦してまいります。

今回は、これまでで最も多い13名の方が初入閣となりました。

国土交通大臣の赤羽氏は、国会で国土交通委員長を務めたほか、これまで公共交通機関などのバリアフリーを推進してきた方です。

東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切る中、障害者の皆さんが安心して生活できるインフラ整備を、いっそう加速していただきたいと考えています。

オリンピック・パラリンピックの担当大臣は、橋本聖子氏です。

選手としての経験のうえに、参議院自民党のトップも務めた政治手腕を生かし、2020年の最大のイベントの成功を期します。

夏冬最多7回の五輪出場など、女性アスリート第一人者としての経験。

国会議員としても、産休の制度化など、出産・育児との両立に取り組んできた経験で、女性活躍の旗振り役もお願いします。

法務大臣は、河井克行氏。

かつて法務副大臣も務め、法曹人材の育成や公正保護について議員連盟を取り仕切るなど、法務行政のプロです。

経済産業大臣の菅原一秀氏は、副大臣、党の部会長も務めた専門家。

商社マンとして、ビジネスで海外を飛び回った経験も持ち、日本企業の国際競争力の強化、ロシアとの経済協力、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)などの通商交渉でも、その手腕を期待しています。

農林水産大臣の江藤拓氏も、政務官副大臣を歴任した農政通。

これまで総理補佐官として、ともに農産物輸出を推進してきました。

世界に目を向けながら、持ち前の現場感覚で、仲間たちが未来を託せる農林水産新時代を切り開いていただきたいと思います」