環境相に就任の小泉氏「課題は解決するためにある」意気込みを語る 12日福島訪問の意向明らかに

カテゴリ:国内

環境相に就任する小泉進次郎議員が、11日午後2時ごろ、首相官邸で記者団の取材に応じた。

小泉氏は、「課題は解決するためにある。前向きに1つ1つの仕事をしっかりと責任を自覚をして取り組んでいきたい。環境省の皆さんとコミュニケーションをしっかり取って、課題を前に進めたい」と意気込みを語った。

また、原子力防災担当相も兼務する小泉氏は「福島の中間貯蔵と除染の加速化は東日本大震災の復興に欠かせない」と述べて、12日に福島県を訪問する意向を明らかにした。

第1子誕生後に育休を取得することを検討している点に関しては、「とにかく健康で、元気で、出産を迎えることができるように、全力で妻を支えたい。そのことに頭がいっぱいだ」と述べた。