ネコを救え! 中国で社会問題

カテゴリ:ワールド

空前のペットブームの裏で、「救いの場所」を提供。

中国・北京市内にある広い地下室。

いたるところで、ネコがくつろいでいる。

実はここ、ネコの保護施設で、20代のボランティアが中心となって、捨てネコや、けがをしたネコなど、およそ80匹の世話をしながら、新しい飼い主を探す活動をしている。

ボランティアは、「ここはネコにとって、楽園のようなところです」と話した。

中国は、犬と猫あわせて1億匹という空前のペットブームだが、捨てられるペットも問題化していて、保護に取り組む団体も増えているという。

この施設は、地下とあって、やはり日が当たるスペースは争奪戦になるそうだが、ボランティアの保護のもと、安心して暮らしているという。