スマホ充電で市役所に長蛇の列 千葉で44万軒 停電続く

カテゴリ:国内

台風15号が関東を直撃してから2日がたったが、千葉県や神奈川県では、あわせて44万軒以上で、11日11時半現在も停電が続いている。

東京電力は、11日朝の記者会見で、11日中の復旧のめどが立っていないことを明らかにした。

関東地方に大きな爪痕を残した台風15号。

現在も千葉県では44万軒以上で、停電が続いている。

地元の市役所などには、11日も朝早くから、スマートフォンの充電や、食料の配給を求め長蛇の列ができた。

住民からは「水とか食べ物をもらいに来たんですが、食べ物がないということで、水だけ(もらいました)」、「ちょっと泣きたくなるけど、我慢して、1日でも早く回復していることを願いますね」などの声が聞かれた。

一方、神奈川・鎌倉市では、台風による倒木で、停電の復旧作業に遅れが生じている。

住民は、「電線が火花散らしてバチバチといっていた。そのうちドーンって音が鳴って、ぷっつりと(電線が)切れた」と話した。

神奈川県は、自衛隊の派遣を要請し、11日朝から倒れた木や土砂の撤去作業が行われている。

東京電力は、停電の状況について会見し、これまで、11日中を目指すとしていた全面復旧について、作業が遅れ、見通しが立っていないと明らかにした。

東京電力パワーグリッド・金子禎則社長は、「広域かつ長時間に及ぶ停電で、大変ご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません」と話した。

断続的な雷雨による作業の中断や、夜間での作業効率の低下などが影響しているという。