停電「きょう中の全面復旧」 千葉など47万軒で続く

カテゴリ:国内

東京電力ホールディングスは、台風15号による停電について、11日中の全面復旧を目指す計画を発表した。

東電によると、午前5時半現在、千葉県と神奈川県のおよそ47万2,800軒で停電が続いているが、11日中の全面復旧を目指している。

大規模な停電が続く千葉県では、市民の生活に深刻な影響が出ている。

市原市の男性は、夜も暑さが続く中での生活の不自由さを語っている。

「温かいお湯が出ないので、水でシャワーを浴びている。きのう(9日)は家で過ごしたが、暑すぎて寝られないしつらい」といった声が聞かれた。

停電で冷房が使えないため、男性は10日夜、所有しているキャンピングカーの中で家族と寝泊まりしたという。

また、避難所などにも多くの人が集まっている。

千葉県内では、南房総市和田町で93歳の女性が、市原市岩崎で65歳の男性が停電した自宅から意識不明で搬送されたものの死亡し、熱中症とみられている。