小泉進次郎氏が初入閣へ サプライズ人事の狙いは

カテゴリ:国内

内閣改造でサプライズ。小泉進次郎氏の初入閣が明らかになりました。

今回のサプライズ人事の狙いについて、フジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者の解説です。

進次郎氏の初入閣が内定したことについて、政府関係者は、「ポスト安倍に向けたレースが加速する」と語っている。

今回の人事をめぐっては、安倍首相が掲げた「安定と挑戦」というテーマがポイントになる。

自民党の役員人事では、安定感を意識する一方、内閣改造では、多くの閣僚が交代し、中でも当選回数を重ねてきた、いわゆる入閣待機組が多く入閣する予定。

そこで安倍首相としては、党内の各派閥にある程度配慮した人事をしつつも、最終局面で進次郎氏を一本釣りすることで、改造内閣への期待値を一気に押し上げる狙いがあったものとみられる。

一方、閣僚人事では新たに、岸田派に所属する竹本直一衆議院議員と、北村誠吾衆議院議員の初入閣も固まった。