経済再生相に西村氏“大幅改造”へ 党人事は安定重視

カテゴリ:国内

安倍首相は11日、内閣改造と自民党役員人事を行う。

この中で、経済再生担当相に、西村官房副長官の起用が内定した。

今回の人事のポイントは、党役員は安定を重視する一方で、閣僚人事では、「挑戦」をキーワードに大幅な改造になる見通し。

まず、党四役では、二階幹事長と岸田政調会長が留任するほか、総務会長に、鈴木オリンピック・パラリンピック担当相、選対委員長に下村元文部科学相の起用が決まった。

一方、閣僚人事では、政権の骨格として、麻生副総理と菅官房長官が留任し、茂木経済再生担当相が外相に、河野外相が防衛相にそれぞれ横滑りすることが内定している。

また、五輪担当相に橋本聖子参院議員の起用が内定したほか、江藤拓首相補佐官が農水相、萩生田光一幹事長代行が文部科学相として、いずれも初入閣が決まった。

同じく初入閣組では、西村官房副長官の経済再生担当相への起用も決まった。

一方、加藤総務会長と高市元総務相を再入閣させる方向で、ポストの調整が続いている。

このほかに、衛藤晟一首相補佐官と、河井克行衆議院議員、田中和徳衆議院議員、そして菅原一秀衆議院議員を初入閣させる方向で、安倍首相は、人選を加速させている。