千葉など62万軒で停電続く 全面復旧11日以降 台風で鉄塔倒壊

カテゴリ:国内

首都圏を直撃した台風15号の影響による停電は、千葉県を中心に、東日本大震災以降、最大規模となった。

現在も、およそ62万軒で停電が続いていて、生活に影響が出ている。

台風15号では、千葉県内では、君津市で送電線をつなぐ高さおよそ57メートルと45メートルの鉄塔2基が倒壊したほか、各地で電柱が倒れた。

東京電力ホールディングスによると、停電は、千葉県を中心に関東地方と静岡県で、一時およそ93万軒にのぼり、東日本大震災以降、最大規模の被害となった。

10日午前11時現在でも、依然として、およそ61万8,500軒が停電していて、東電は、電源車を千葉県内の医療施設や避難所を中心に派遣して、対応にあたっている。

東電などは10日中に、およそ33万軒は解消するものの、全面復旧は11日以降になるという。