日産 西川社長 16日付で辞任 不当報酬問題など

カテゴリ:ビジネス

取締役会で、辞任の要請を受け入れた。

日産自動車・西川社長「負の部分を全部取り去ることができず、道半ばでバトンタッチをすることをお許しいただきたい」

日産自動車の西川社長は、神奈川・横浜市のグローバル本社で会見し、9日の取締役会で、9月16日付で辞任するよう要請を受け、了承したことを明らかにした。

株価に連動した報酬の制度で、当初より多い金額を受け取っていた問題の引責辞任だが、「企業改革に一区切りが付いた」とも述べている。

業績不振に加え、筆頭株主のフランス・ルノーとの資本関係見直しなど、多くの課題を残したままでのトップ交代となった。

西川氏の後任は、指名委員会が10月末をめどに選定し、それまでの間は、山内COO(最高執行責任者)が社長代行を務めるという。

一方、日産は、ゴーン被告らの不正による被害総額が、350億円規模にのぼるとの調査結果も公表した。