日本人の男2人 9日初公判 カンボジアで強盗殺人

カテゴリ:ワールド

カンボジアで、日本人の男2人がタクシー運転手を襲った強盗殺人事件の初公判が、9日始まる。

この事件は、2019年3月、アンコールワット観光の拠点としても有名なカンボジアのシエムレアプで中茎竜二被告(24)と石田礼門被告(23)がタクシー運転手のフム・チャンさん(40)を殺害し、車を奪った罪に問われているもの。

殺害されたチャンさんには、4人の子どもがいて、裁判を前に家族が心境を語った。

チャンさんの次男(13)は8日、「お父さんに生き返ってほしいけど、それは不可能ですよね」と話した。

チャンさんの妻(37)は8日、「特に要望はないが、法に基づいて2人を裁いていただきたい」と話した。

初公判は、日本時間の9日午後4時に開かれる予定。