税関で偽ブランド品が急増 輸入差し止め 前年比8割増

カテゴリ:国内

偽ブランド品の輸入差し止め点数が、およそ8割増えたことがわかった。

東京税関によると、2019年上半期の「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」など偽ブランド品のバッグや財布など、商標権を侵害する物品の輸入差し止め点数は、10万597点にのぼったという。

2018年の同じ時期に比べて、およそ8割増えている。