二階幹事長・岸田政調会長続投へ 政権の安定に不可欠

カテゴリ:国内

二階幹事長と岸田政調会長の留任が固まった。

安倍首相は、11日に行う自民党の役員人事で、党運営の要の二階幹事長と、党の政策の取りまとめを担ってきた岸田政調会長を留任させる意向を固めた。

二階氏、岸田氏ともに派閥を率いていて、安定的な政権運営には、引き続き2人の協力が不可欠と判断した。

安倍首相は、すでに麻生副総理兼財務相と菅官房長官を留任させる方針を固めていて、政権の骨格は維持される形となった。

また安倍首相は、河野外相の後任に、日米貿易交渉を大枠合意に導いた茂木経済再生担当相を起用する方向で調整に入った。