都内で今季初 インフルエンザで学級閉鎖 例年より1週間早い

カテゴリ:国内

インフルエンザで学級閉鎖。東京都内の公立学校で今シーズン初めて。

学級閉鎖になったのは、東京・東村山市にある東村山第三中学校の1年生の1クラスで、生徒33人のうち、9人が発熱や頭痛、吐き気などで欠席し、6人からインフルエンザウイルスが検出されたという。

インフルエンザによる学級閉鎖は、都内の公立学校では今シーズン初めてで、例年より1週間ほど早いということで、都は、こまめな手洗いなど適切な対応を呼び掛けている。