香港デモ 警察が実弾発砲 一連のデモ開始以来初めて

カテゴリ:ワールド

香港で25日夜、デモ隊と警官隊が再び衝突し、警察は、一連のデモ開始以来初めて、実弾を威嚇発砲した。

25日午後に行われた「逃亡犯条例」改正案の完全撤回などを求めるデモは、一部参加者が火炎瓶を投げるなど過激化し、現場では初めて放水車も投入された。

衝突は夜になっても収まらず、若者らが鉄パイプなどで警官を激しく殴りつけたため、警官は、威嚇目的で実弾を空に向けて発砲した。

その後も警官は、拳銃でデモ隊を威嚇した。

今後もデモの呼びかけがあり、沈静化のめどは立っていない。