ITで効率化 ランチが変わるフードトラック革命

カテゴリ:ビジネス

働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

ランチタイムの強い味方「フードトラック」。

ITで、売り上げアップ。

東京・神谷町で、お昼どきにできた長い行列。

皆さんのお目当ては、アジア料理のフードトラック。

訪れた人は、「もう20回以上。シンプルだから頼みやすい」、「量が少なめにちょうどいい量にできたり、カスタマイズできる」などと話した。

1番の人気メニューは、鶏肉たっぷりのカオマンガイに、マイルドな辛さと酸味のトムヤムごはんの2つのせ。

みそなど、日本の調味料を使い、日本人の舌になじみやすい味に仕上げている。

今や、ビジネスパーソンのランチには、欠かせない存在となったフードトラック。

その数は10年でおよそ倍増と、年々増え続けている。

このフードトラック事業に、ITの力で革命が起きている。

アジア料理を提供する「ぞうさん食堂」。

多いときは、1日250食を販売する人気店。

ぞうさん食堂・田中朝仁さんは、「(店舗だと)売れる時はお客さんが入れない、もどかしかった。(フードトラックは)売れる場所に移動できる」と話した。

このフードトラックをサポートしているのが、「TLUNCH」というサービス。

一般的にフードトラック事業者は、出店する場所との交渉や消防への届け出などが必要だが、TLUNCHが代行する。

さらに...

店側の希望や客層などを、社内にいるデータサイエンティストが分析。

AIを使ったシステムを活用し、登録されている600台のフードトラックと160カ所の登録スペースをマッチング。

さらに客側も、アプリで、いつ、どんな店が来るかを事前に知ることができ、多様なランチを楽しむことができる。

TLUNCHを運営する「Mellow」・森口拓也代表は、「フードトラックは動く。いると思って行ったらいない。フードトラックの運営改善で、システムが活用されていない現状を変えたかった」と話した。

TLUNCHが、フードトラックと客を効率的に結びつけている。

それだけではない。

営業終了後、ぞうさん食堂・田中さんが見ていたのは、売り上げのグラフ。

田中さんは、「きょうは平均...平均よりちょっといいぐらい」と話した。

TLUNCHでは、店舗全体の販売数や売り上げの平均データを公表。

自分の店の売り上げが、どのくらいの位置にあるのかを相対的に知ることができるので、成長につながっているという。

田中さんは、「自分の店の問題点を改善すべきなのか、場所にどう適合していないのか、数字を見ながら考えたりはする。お客さんが離れているので、限定メニューを追加してみたりとか」と話した。

TLUNCHを利用するフードトラックの1店舗あたりの売上高は、前年に比べて4割も増加するなど、ITを使った効率化で、フードトラック事業の成長を後押しするこのサービス。

Mellow・森口代表は、「フードトラックは、ランチだけでも利益を出しうるモデル。空き地を活用して、利益が出せて、サービスとしても働く人に貢献できる。開業者の支援をもっと強めていきたい」と話した。