かばん所持...出頭のために荷造りか “あおり運転”男女逮捕

カテゴリ:国内

常磐道で、あおり運転をして車を停止させ、男性を殴るなどした疑いで逮捕された宮崎文夫容疑者(43)は、連行される前に出頭する旨を大阪市内の警察に連絡していて、持っていたかばんは、出頭のための荷物とみられることが新たにわかった。

宮崎容疑者「押さえつけるのやめてください! 逃げませんし、隠れません!」

宮崎文夫容疑者は8月10日、常磐道で、あおり運転をして、停止させた車を運転していた男性(24)を複数回殴り、けがをさせた疑いが持たれていて、「殴ったことは間違いない」と容疑を認めている。

また、宮崎容疑者の交際相手で、犯人蔵匿隠避の疑いで逮捕された喜本奈津子容疑者(51)は19日朝、茨城県警取手署から、女性の留置施設がある牛久署に移送されたが、常磐道で宮崎容疑者が傷害事件を起こした際に、一緒にいたことを認めているという。

警察によると、宮崎容疑者は18日、大阪市内で連行される前、「出頭する」と大阪市の生野警察に電話をし、持っていた荷物は、出頭するためのものだったとみられるという。

女の洗車を目撃した人は、「サングラス、マスク、帽子。ほとんどわからない、顔が。白い車はここに止まってましたけどね。横浜ナンバーの。(女の人が)車洗ったりしてたから」と話した。

常磐道での傷害事件後、宮崎容疑者が住む大阪市内のマンションでは、犯行時の高級SUV車を喜本容疑者によく似た人物が洗車している姿を住民が目撃していたほか、公開手配される2日前に大阪市内の飲食店で、宮崎容疑者と女性の姿が目撃されていた。

警察は、悪質なあおり運転で、危険運転致傷罪などに問えるか捜査を進める方針。