「世界三大テノール」 ドミンゴ氏 セクハラ疑惑

カテゴリ:ワールド

「世界三大テノール」の1人、プラシド・ドミンゴ氏(78)が、30年以上前から、女性歌手らにセクハラをしていた疑いが浮上し、所属団体が調査を行うことになった。

ドミンゴ氏は、AP通信の取材に、「故意に誰かを傷つけたりはしない」などと主張しつつも、「ルールや基準が、今と昔では大きく異なることはわかっている」と話しているという。