長さ20メートル 歩道陥没 鎌倉で...台風が原因か

カテゴリ:国内

神奈川・鎌倉市で、歩道の一部が陥没しているのが見つかった。

13日午前、国道134号線の稲村ヶ崎駅交差点付近で、長さおよそ20メートル、深さ40cmほど歩道が陥没していた。

この影響で、現場周辺は、片側1車線が通行止めになり、海水浴客の車などで、およそ2km渋滞しているという。

復旧の見込みは立っておらず、台風による波で海に面した壁が損傷したことが原因とみて、警察などがくわしく調べている。