“危険な満月” 台風接近で注意

カテゴリ:国内

「超大型」になった台風10号。

上陸する可能性がある15日は満月。

この満月が、被害を拡大させるおそれがあるということだが、いったいどういうことなのか。

台風で、雨や風に加えて大きな被害をもたらすのが、高潮。

高潮は、台風など低気圧の影響で海上の気圧が急激に下がり、いわゆる「吸い上げ効果」によって、海面が盛り上がるのが原因で発生する。

また台風の場合、沖から強い風が吹きつけて海水が海岸に吹き寄せられる、「吹き寄せ効果」も起き、さらに潮位が上がることになる。

そして今回は、上陸する15日がちょうど満月にあたるため、潮位が最も高くなる大潮とも重なり、高潮の危険がいっそう高まっている。

大潮に直撃した台風としては、2004年の台風16号が、満月だった8月30日に西日本へ上陸。

広島市で269cmという記録的な高潮を観測したほか、香川・高松市では2万棟以上が浸水する被害が出た。

台風が最も接近する15日、各地で満潮を迎える時刻は、東京で午後5時45分、愛知・名古屋で午後6時35分、愛媛・松山で午後9時45分などとなっていて、山口・宇部で373cm、広島で364cm、そして愛媛・松山で345cmの潮位が予想されている。

台風が接近する前に、一度満潮の時刻を確認するなど、十分な警戒が必要。