「超大型」台風10号 15日上陸も 1000mm超の大雨も

カテゴリ:国内

12日に超大型になり、北上中の台風10号は、15日の木曜日に、西日本に強い勢力で上陸する可能性が高くなってきている。

お盆の後半には、Uターンラッシュも控えていて、今後の進路に警戒が必要となる。

12日、2年ぶりに超大型になった台風10号は、日本の南を勢力を保ちながら北上し、15日に西日本に上陸する可能性が高まっていて、13日夜以降、西日本を中心に風が強まり、14日は猛烈にしけるところがあるもよう。

また台風の影響で、関東から九州の太平洋側で波が高くなり、高波による水難事故も相次いでいて、和歌山・南紀白浜では、13日朝から一部で遊泳が禁止されている。

気象庁によると、13日午後9時には、太平洋沿岸部の黄色と赤で示された地域で高い波が予想されている。

今後予想される波の高さは、高知県で7メートル、宮崎県では6メートルになっている。

各地の警戒期間を見ると、西日本は、14日から雨や風が強まるところがあり、特に15日ごろには、大荒れになるおそれがあり、多いところで1,000mmを超える大雨が予想されている。

東日本も、15日から16日ごろに雨や風が強まるおそれがある。

今後の進路に十分な警戒が必要となる。