“超大型”台風10号 進路は... 15日に西日本上陸のおそれ

カテゴリ:国内

2年ぶりに「超大型」となった台風10号は、今週中ごろ、西日本に強い勢力で上陸するおそれが出てきた。

超大型の台風10号は、南の海上を時速15kmの速さで、西寄りに進んでいる。

今後、発達しながら進路を北寄りに変え、15日ごろには、西日本に上陸するおそれがある。

超大型の台風のため、接近する前から、海上ではうねりが入り、大しけとなる見込み。

高波による水難事故も相次ぎ、13日も関東から九州の太平洋側では、波の高い状態が続くので、海のレジャーは、いっそう注意が必要となる。