習主席の盟友 即位の礼参列へ 国賓招待に向け環境整備も

カテゴリ:ワールド

中国の王岐山国家副主席が、10月に行われる天皇陛下の即位の礼に参列する方向で調整が進んでいることがわかった。

日中関係筋によると、王副主席は、10月22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列するため来日する方向で調整が進んでいて、滞在中は安倍首相らと会談するとみられる。

王副主席は、習近平国家主席の盟友とされる。

王副主席の来日が実現すれば、2020年に予定される習主席の国賓待遇での来日に向けた環境がさらに整うことになると言えそう。