北朝鮮 また飛翔体2発を発射 2週間余りで5度目

カテゴリ:ワールド

北朝鮮は、10日朝早く、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を2発発射した。

韓国軍は、北朝鮮が10日午前5時半ごろと6時前に東部の咸興(ハムフン)周辺から日本海に向けて、飛翔体2発を発射したと発表した。

飛行距離は400km余りで、韓国軍は「短距離弾道ミサイルとみられる」と分析。

北朝鮮による飛翔体の発射は、この2週間余りで5度目で、米韓合同軍事演習が続く中、さらなる軍事挑発を警戒している。

一方、アメリカのトランプ大統領は、8日に受け取った金正恩(キム・ジョンウン)委員長からの手紙の中で、軍事演習に対する不満が示されていたことを明らかにしている。