韓国が日本に“初反撃” 全石炭灰に放射線検査義務

カテゴリ:ワールド

輸出管理を優遇される、いわゆる「ホワイト国」からの除外が決まった韓国政府が、初めて反撃に出た。

韓国環境省は8日、火力発電所から排出され、セメントの材料として使われる石炭灰を輸入する際、従来は一部にしか行わなかった放射線検査を、8月中にも全ての石炭灰に義務付けると発表した。

日本の石炭灰の輸出はほぼ全量が韓国向けで、韓国メディアは「手続きを難しくして、日本産の石炭灰の輸出を減らすとともに、放射能問題を世界に知らせる効果もある」と分析している。

2018年1年間に、日本から韓国に輸出された石炭灰はおよそ126万トン、およそ47億円相当だった。

韓国に石炭灰を輸出している四国電力は、発表を受け、「状況を注視していく」とコメントしている。