N国・立花氏「契約するが受信料払わない」 午後NHKと“直接対決”

カテゴリ:国内

「NHKから国民を守る党」の立花党首が8日午後、注目の動き。

東京・渋谷区のNHK放送センターを訪れ、議員会館の事務所に設置したテレビに関して、受信契約の申し込みを行う。

ただ、立花氏は「契約は法律上の義務だが、支払いは法律上の義務ではない」と主張していて、契約はする一方、受信料の支払いは拒否する意向。

一方、N国党の丸山穂高議員は、受信料について、「わたしは払います」と明言していて、党内で対応が分かれる形となっている。