日米防衛相が会談 “有志連合”など協議

カテゴリ:国内

岩屋防衛相は7日、7月に就任したアメリカのエスパー国防長官と会談し、中東・ホルムズ海峡での有志連合構想について、「さまざまな角度から検討し、政府全体として総合的に判断したい」と伝えた。

エスパー国防長官「航行や上空通過の自由など、国際法、国際的な規範を日米は断固として守っていく」

会談でエスパー長官は、中東・ホルムズ海峡の船舶の安全確保のため、アメリカが主導する有志連合構想について、日本の協力を求めた。

これに対し、岩屋防衛相は、「原油の安定供給の確保、アメリカとの関係、イランとの友好関係など、さまざまな角度から検討し、政府全体として総合的に判断したい」と応じた。

また、韓国が破棄の可能性を示唆している日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を含め、日米韓の連携が重要だとの認識で一致した。

一方、エスパー長官は中国について、「隣国に威圧的な行動に出て、自国の利益を得ようとしている。経済的な威圧、知的財産の窃盗、そして環境破壊も行っている」と痛烈に批判した。