鹿児島で集団食中毒 中学生19人を搬送

カテゴリ:国内

鹿児島・南大隅町で、サッカーの合宿を行っていた中学生19人が食中毒の症状を訴え、病院に運ばれた。

町の聞き取りにサッカークラブの責任者は、「きのうの夜に炊いた白米を、きょうの朝食で食べた」と話していて、消防などではこの白米が食中毒の原因とみている。

(鹿児島テレビ)