2月3月がピーク「スギ花粉」「インフルエンザ」に「PM2.5」が加わるトリプルパンチに要注意!?

カテゴリ:暮らし

  • 中国と韓国が大気汚染めぐり対立 
  • その対立の影響によりPM2.5を多く含む煙が日本に大量飛散
  • あなたは大丈夫?病気になりやすい人の特徴 

中国の爆竹と花火による大気汚染

5日、中国では旧正月となる「春節」を迎えた。午前0時を回ると…

未明にも関わらず、爆竹や花火が打ち上げられ、各地で大騒ぎとなった。

大量の煙で街はかすみ、上空も真っ白に…。実は、これらの煙には有害と指摘される微小粒子“PM2.5”が大量に含まれている。
 
5日午前3時のPM2.5濃度の速報値は、中国・北京で1立方メートルあたり177マイクログラム。
日本で環境省が「不要不急の外出をできるだけ減らすよう」呼びかける数値は70マイクログラムで、はるかに上回っていることが分かる。

中国で大量に発生したPM2.5は日本にも影響を及ぼすのか?「直撃LIVEグッディ!」のスタジオで解説した。

木下康太郎フィールドキャスター:
最新のPM2.5飛散予想を見てみましょう。

PM2.5 日本への影響は

木下:
中国が真っ赤になっていますが、日本にも15マイクログラム前後飛散してくるという予想になっているんです。寺川気象予報士、解説をお願いします。

寺川奈津美気象予報士:

気温に注目してみると、日本は今年暖冬なんですが、お隣の韓国、中国もここ数日は気温がかなり高い傾向にあるんです。気温が高いと、浮遊物であるPM2.5が舞い上がりやすくなります。さらに注目してほしいのが、偏西風。今年は暖冬なので偏西風は押し上げられて北上し、日本付近に流れやすくなっています。この偏西風が舞い上がっているPM2.5を日本に持ち運んでくると考えられます。

高橋克実:

偏西風がそのまま通り過ぎて、PM2.5を持ち去ってくれることはないんですか?

寺川:

偏西風は常に流れていて、季節とともに、暖かくなってくると少しずつ北にあがっていくものなんです。例年はもう少し南側を吹いているんですが、今年は北にあがるのが少し早い。PM2.5が日本に飛んでくるのも早いのではないかと考えられます。

 木下:
日本にも飛散するとみられるPM2.5。岡宮先生によると、PM2.5に長時間さらされるとある病気のリスクが増加するそうですね?

PM2.5がもたらす危険性とは

岡宮裕先生(代官山パークサイドクリニック院長):
はい。PM2.5に長時間さらされますと、慢性の呼吸器疾患や心疾患などの死亡率があがると言われています。

PM2.5と花粉とインフルエンザが合わさると...

木下:
さらにこのPM2.5の飛来とスギ花粉、インフルエンザ。実は3つともピークはすべて2月~3月なんですね。“トリプルパンチ”となって襲い掛かってくる恐れがあります。岡宮先生、スギ花粉とインフルエンザにPM2.5が加わるとどうなるのでしょうか?

<スギ花粉+PM2.5の場合>

・花粉とPM2.5がともに飛散すると…、
1. 花粉に亀裂が入る
2. さらに水などを取り込み膨張すると…“花粉爆発”が発生!
3. 通常0.03mm~0.04mm程度のスギ花粉は、爆発することで0.001mm程度の“極小花粉”となる
4. 小さくなったスギ花粉の破片が体の奥深くへ侵入
⇒花粉症を発生しやすくなり、症状が悪化する可能性も…

安藤優子:
花粉にPM2.5が合わさることによって、とても細かい花粉が爆発的に飛散するということですか。

岡宮先生:

小さいスギ花粉の破片もすべて杉のアレルゲンを持ちますので、症状は非常に高度になります。

<インフルエンザ+PM2.5の場合>

・PM2.5を吸い込むと、体外へ排出しようと気管支がフル稼働することで炎症を起こすことがある
・そこにインフルエンザウイルスが侵入すると…
⇒インフルエンザを発症しやすくなり、症状が悪化する可能性も…

岡宮先生:
とにかく有害物質を身体の外に出そうとして頑張りすぎて、それで自分の粘膜を傷つけてしまう。そうするとインフルエンザになりやすくなりますし、なったインフルエンザも悪化しやすくなります。

安藤:
今後のインフルエンザ流行の見通しはどうなんでしょうか?

岡宮先生:
流行は持続すると思います。

安藤:
インフルエンザ、花粉、PM2.5のトリプルパンチって、どう対処したらいいんでしょうか?

岡宮先生:
うがいマスク手洗い、あとは花粉の濃度やPM2.5の濃度が高いときには、不要不急の外出はなるべく控えるといいですね。

木下:
他にも、効果的にPM2.5を防ぐ方法を岡宮先生に教えて頂きました。

PM2.5を未然に防ぐには

<PM2.5を効果的に防ぐ方法>

1. 呼吸は基本鼻でおこなう!
2. 外出するなら、ツルツルな服で
3. 換気するなら早朝か深夜に

克実:
鼻で呼吸する方がいいんですか!?
 
岡宮先生:
口呼吸になると身体の奥底まで、鼻呼吸のおよそ倍の物質を取り込んでしまいます。なるべく鼻呼吸で、マスクをした状態でも鼻呼吸がいいですね。

(「直撃LIVE グッディ!」2月5日放送分より)