眞子さま マチュピチュを視察 高台から遺跡全体ご覧に

カテゴリ:ワールド

ペルーを公式訪問中の秋篠宮家の長女、眞子さまは13日、世界遺産のマチュピチュ遺跡を視察された。

マチュピチュ遺跡は、アンデス山脈の尾根に15世紀の初めに建設された「空中都市」とも呼ばれるインカ帝国の遺跡で、世界遺産に登録されている。

黒の上着にパンツというラフな姿の眞子さまは、まず、標高およそ2,400メートルの断崖絶壁の山頂にある高台から遺跡全体をご覧になり、太陽観測などに使われた神殿などの跡を、ガイドなどの説明を受けながら見て回られた。

このあと、眞子さまは、ふもとにある村役場を訪れ、マチュピチュ村の初代村長を務めた、日本人の野内与吉氏の孫や民族衣装を着た子どもたちの出迎えを受けられた。