“シリア向かわない確証”で解放協力 タンカー拿捕で英外相

カテゴリ:ワールド

イギリスのハント外相は13日、イランのザリフ外相と電話で会談し、イギリス領ジブラルタルに拿捕(だほ)されているイランのタンカーについて、シリアには向かわない確証を得られれば、解放に向けて協力する考えを伝えた。

イギリス・ハント外相は、「タンカーがシリアに向かわないという、十分な保証が得られれば解決できるだろう」と述べた。

イギリス領ジブラルタルの当局は、イランのタンカーがEU(欧州連合)の制裁に反して、シリアに原油を輸送しようとしていたとして、拿捕している。

ハント外相は、タンカーがシリアに向かわないという確証が得られれば、解放を働きかける考えを示し、ザリフ外相も問題の解決を望んでいるという。