投稿動画でプロ契約 アプリでスポーツ革命

カテゴリ:テクノロジー

動画を送るだけでプロへの道が開かれる。

スポーツ界に画期的なサービスが登場。

華麗なリフティングにトリッキーな技。

そして、豪快なシュート。

投稿動画で、プロになれる時代が到来した。

東京都内にあるスタートアップ企業「dreamstock」。

ここで開発されたアプリが、「dreamstock」。

dreamstock・松永マルセロハルオCEOは、「プロのサッカー選手を目指す子どもとか少年が、自分の動画をアプリにアップロードして、それをプロのサッカーチームが見て、スカウティングできるアプリです」と話した。

自分のプレーを投稿すると、それを見たチームのスカウトやコーチが、チームに誘ってくれるという。

松永マルセロハルオCEOは、「(どのような動画がある?)多いのは、自分が今までに出た試合だったり、それを自分でスマホで編集して自分のいいプレーをまとめてあげる子が多い」と話した。

投稿しているのは、アマチュアチームでプレーする選手など、プロの卵。

自分が得意な技や、試合中のプレーを投稿して自己アピールしているが、見栄えのいいプロフィール画面や、自分に印をつけるなど、スマホ世代ならではの凝った編集もされていた。

この動画を見るプロチーム側としては、ブラジルのチームが多く、名門「フラメンゴ」や、強豪「グレミオ」など、有名なチームも名を連ねている。

このアプリで、すでにプロの目に留まり、声を掛けられた選手も出ている。

松永マルセロハルオCEOは、「実際に25名のユーザーがプロチームに招待されて、そのうち2人がプロ契約を取れています」と話した。

その1人が、この18歳のグスタボ・リメイラ選手。

見事、ブラジル・サンパウロ州リーグのプロチームに入団したグスタボ選手。

驚いたのは、動画を投稿してから、わずか1カ月で契約をしたそのスピードだった。

グスタボ選手は、「アプリは僕の人生を変えてくれたんだ。遠くに住んでいて、プロのチームに入れるとは思っていなかったんだけど、アプリを見つけて動画を投稿したらチームに入ることができたんだ。このアプリがブラジルのサッカーを変えてくれている。本当は代理人やエージェントがついてないとプロになるのは難しいんだよ」と話した。

チーム側にもメリットがある。

トライアルを開催して、新人の発掘をしているが、グラウンドの広さや、時間の制約などから多くても1回で100人程度の参加が限界だった。

それが、このアプリでは。

松永マルセロハルオCEOは「2,000人とか3,000人が動画をアップロードしています。チームにとっては、今まで100人しか見られなかったのが、場所を問わず、世界中からポテンシャルの高い子を見ることができる」と話した。

これに、GEマウアエンセ・マルコ会長は、「きっとこのアプリは成功するよ。時間の削減にもなるし、コスト削減にもなる」と話した。

かつて、プロ選手を目指していたという松永社長。

このアプリで、サッカーの未来を変えようとしている。

松永マルセロハルオCEOは、「みんなが平等にサッカー選手を目指せる世界をつくるのが僕のミッションですね」と話した。