【速報】安倍首相談話「反省・おわび」 ハンセン病家族らに

カテゴリ:国内

ハンセン病家族訴訟で、控訴しないことを表明した安倍首相は、12日、元患者家族への反省とおわびを盛りこんだ首相談話を出した。

談話の中で、安倍首相は「患者・元患者と家族の方々が強いられてきた苦痛と苦難に対し、政府として、あらためて深く反省し、心からおわびする」と表明した。

そのうえで、患者・元患者家族に直接面会し、気持ちを伝えたい意向も示している。

また、元患者家族への救済措置については「訴訟への参加・不参加を問わず、新たな補償の措置を講ずる」としている。

首相談話とあわせ、政府は、地裁判決に「法律上の問題点がある」とした「政府声明」も閣議決定し、菅官房長官が公表した。

政府の見解を受け、家族訴訟の原告団は、12日午前、会見に応じた。

ハンセン病家族訴訟原告団・林力団長は「文書を見てみないと、はっきりした見解は出せないというのが、われわれの正直な心情。1つの幕が開くというか、そういう時が来たんだなと」と述べたうえ、安倍首相が会ってくれるまで待ちたいと、面会の実現に期待を込めた。