「新国立」隈研吾さん監修 全日空が機内新デザイン

カテゴリ:国内

全日空は、新国立競技場を設計した建築家の隈研吾さんが監修した、新しい機内のデザインを公開した。

新しくなった機内のデザインは、8月から運行する羽田~ロンドン線で採用され、ファーストクラスとビジネスクラスは、ドアつきの個室型シートになっている。

ファーストクラスには、世界初となる4K画質で見ることのできる43インチの大型モニターが、また、エコノミークラスのシートは、6つの方向に調整できるヘッドレストを装着している。

全日空の新しいシート導入は9年ぶり。