韓国外相 米・ポンペオ長官に懸念伝達 「日本の措置望ましくない」

カテゴリ:ワールド

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、アメリカのポンペオ国務長官と10日夜、電話会談を行い、日本の措置について懸念を伝えた。

韓国外務省によると、康外相は「韓国企業だけではなく、アメリカ企業や世界の貿易秩序にも否定的な影響を及ぼしかねない」と指摘した。

そのうえで、康外相は、「日米韓3カ国の協力の側面でも望ましくない」という懸念を伝えた。

韓国外務省は、ポンペオ長官がこれに理解を示したとしていて、地元メディアは日本の措置をめぐって、「今後、アメリカの役割が注目される」と伝えている。