小売革命 NYの「世界一面白い店舗」とは EC時代生き抜く知恵

カテゴリ:ワールド

ニューヨークで話題のリアル店舗の逆襲。

「世界で一番面白い店」とは。

ニューヨーク5番街。

老舗デパートや高級ブランドが立ち並ぶ、世界有数のショッピングストリートに今、大きな変化が。

さまざまなブランドが店を構えてきたニューヨーク5番街。

今では、空き店舗が目立つようになっている。

ここ数年、ラルフローレンやGAPなど、有名ブランドの撤退が相次ぐ5番街。

その背景にあるのが、アマゾンをはじめとするネットショッピングの台頭。

アメリカの2018年のネット販売率は14.3%で、10年前に比べ、3倍近くに増加。

その影響で、“リアル店舗離れ”が急速に進んでいるという。

「PSFK」コンサルタントのスコット・ラシュット氏は「(店舗が閉じている)原因の一つは、ネットショッピングの上昇です。早くて便利、効率がよく買い物をするのにお店に行く必要がなくなっています」と話した。

こうした中、新たな形態のリアル店舗がニューヨークで話題に。

まるでSF映画のようなVRゴーグルを装着して店内をめぐる女性や、アート感覚いっぱいのトンネルのようなすべり台で写真を撮り合う女性たち。

来店客は「内装を全て見てきたわ。この滑り台を下りてきたんだけど、かっこよかったわ。ちょっと怖いけど、かっこいい!」と話した。

2018年12月にオープンした、自称「世界で一番面白い店」とうたう、ショーフィールド。

4階建ての建物に、スタートアップ企業や今まで店舗を持たなかったネット企業など、40以上のブランドが集まっている。

お店はわずか5畳ほどのスペースで、商品のほか、オブジェなどが飾られていて、写真を自由に撮影できるという。

インスタ映えする小さなショールーム。

ショーフィールドは、最新の個性派ブランドとアートが楽しめる体験型デパート。

来店客は「楽しいプレゼンテーションで見せていて、それがすぐ買えるというのがすごく面白い。“新しいモノ”みたいなくくりでいろんなものがあるの、すごく楽しいです」と話した。

一方、資金などの問題で大掛かりな実店舗を出せなかったブランドにとっても、ショーフィールドは、顧客と直接触れ合うことができる重要なスペース。

バッグ店「クレイ」オーナーのサラ・クレイさんは「ここに出店するのが大好きです。より近い距離で客と関わることができる。そこでブランドストーリーを伝えることができる。ここにいれば、ほかのブランドとのコラボレーションができ、いつもとは違う客層に宣伝ができる、そして経験してもらえる」と話した。

ネットと実店舗が融合したショーフィールド。

体験型店舗への関心が高まっている。