オールスター戦 日本人初勝利 田中“伝家の宝刀”で無失点

カテゴリ:芸能スポーツ

メジャーリーグのオールスターゲームにニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(30)が初登板。

持ち味を十分に発揮し、オールスターで日本人初の勝利投手になった。

メジャーリーグのオールスターゲームに、日本人選手として、ただ1人出場の、ヤンキース・田中将大投手。

試合前には、家族と一緒に恒例のレッドカーペットショーに参加した田中投手。

田中投手は、「家族にとっても貴重な経験になったと思いますし、一緒に時間を共有できたのはうれしかった」と話した。

そして田中投手は2回、アメリカンリーグの2番手として、自身初のオールスターのマウンドに上がった。

相手は、今シーズン30本のホームランを放つ、4番・ベリンジャー選手。

ここは、伝家の宝刀「スプリット」で、空振り三振に仕留めた。

ツーアウトを取り、迎えるのは6番・ベル選手。

内野ゴロで、3アウトかと思われたが、これが相手のチャレンジで判定が覆り、内野安打に。

それでも、続くバッターの強烈なピッチャー返しをうまくさばき、初のオールスターのマウンドを無失点で切り抜けた。

田中投手は、「無失点ですし、ヒットも内野安打だったので、いいところに投げられていたのでよかった。ピッチャー返しも、フィールディングができるというのが見せられてよかった」と話した。

試合は、2回の裏に先制したアメリカンリーグが、ナショナルリーグに、4 - 3で勝利。

田中投手は、オールスターで日本人選手初の勝利投手となった。