かんぽ不正 社長が謝罪 販売ノルマ見直しを表明

カテゴリ:ビジネス

販売ノルマを見直す。

かんぽ生命保険・植平光彦社長は、「保険の募集に関し、お客さまの信頼を損ねた点について、深くおわび申し上げる」と述べた。

かんぽ生命は、東京都内で会見し、新旧の契約を重複して結ばせ、保険料を二重払いさせていたことなどを謝罪した。

契約を結び直す際、4カ月から6カ月間、保険に加入していない状態が生じたことについては、システムと販売モラル双方に問題があると述べ、契約者の意向を確認するほか、販売ノルマを見直すなどして対応する考えを示した。

また、第3者委員会で全容を解明する一方、本社に専門部署などを設置し、再発防止に取り組む方針。